根來宏典建築研究所

根來宏典建築研究所

loader
ブログ
ブログ

2009年6月25日(木)

木骨の白い家 その8 バルコニー

南側は段差のない掃出窓で、全面バルコニーとなっております。

 

明るく、開放的で、冬はとても暖かく気持ちが良い家です。庇が2mと大きく跳ね出している為、夏は涼しく、エアコンを使わず生活しております。これは2階バルコニーや1階テラスのデッキの耐久性を高めることにも繋がっております。

 

梁を内部から外部に連続して伸びるデザインとすることにより、内外の空間的な一体化を図っています。サッシ上の欄間の部分には蛍光灯(電球色)を載せており、内部の天井と、外部の庇を同時に照らしあげる間接照明となります。

 

南側に柱が910mmピッチで連続して立っています。通常木造住宅の場合、柱のサイズは120×120、もしくは105×105ですが、80×120mmの偏平とすることにより、スリムでシャープな印象を与えております。

 

柱が邪魔と感じる人もいるかもしれませんが、内部と外部とを曖昧に境界づける重要なファクターとなっており、一定のリズムを生んで落ち着きます。