根來宏典建築研究所

根來宏典建築研究所

loader
ブログ
ブログ

2009年6月26日(金)

木骨の白い家 その9 全景


前面道路からの全景は、こんな感じです。

夜照明を付けると、庇が浮かび上がり、住宅とは思えませんね。
食事がなお一層美味しく感じ、お酒も進みます。

写真撮影の時点では、手前が砂利敷きとなっておりますが、
区画整理事業の関係で前面道路の工事が未着手でした。
現在は道路の側溝敷きが終わったので、それに合わせて駐車場にコンクリートを打設。
道路はまだ砂利敷きの状態です。
アスファルト敷きが終わると、街並みも整い、もっと落ち着くと思います。

子世帯のご主人は、大学で建築の勉強をしていたこともあり、
建築家との家づくりへの理解度が高く、空間的なイメージもつき易かったと思います。
そんな中、奥さまやご両親へのイメージ調整に苦労されたかと思います。
出来上がるにつれて、奥さまやご両親の自慢の家づくりへと移り変わる様子が
昨日のことのように思い出されます。

とても愛着を持って生活されており、大変嬉しく思います。
そして何より、走り廻って元気一杯の二人のお子様の笑顔が最高です。
両ご家族の皆さま、本当にありがとうございました。

今日で『木骨の白い家』の紹介は、おわりです。

根來宏典建築研究所