根來宏典建築研究所

根來宏典建築研究所

loader
ブログ
ブログ

2019年7月2日(火)

文豪が住んだ街

文京区本郷を散策。坪内逍遥(1859-1935)、樋口一葉(1872-1896)、徳田秋声(1872-1943)、石川啄木(1886-1912)、宮沢賢治(1896-1933)、、、文豪たちが住んだ街。起伏に富み、大谷石を積んだ擁壁が美しい。鎧坂、胸突坂、梨木坂、炭団坂、菊坂、本妙寺坂、見返り坂、、、坂道ファンが萌える街でもあります。石畳の路地。奥へ奥へと導かれます。奥はアルコーブ(溜まり場)になっており、今も現役の井戸。階段を挟んで建つ木造住宅は、樋口一葉が暮らしていた住まい。さらには大谷石の擁壁に上に建つ『金田一京助(1882-1971/言語学者)・春彦(1913-2004/国語学者)邸』や、煉瓦塀と武家屋敷風の構えが美しい『旧諸井恒平邸(1862-1941/セメント王/明治39年築)』といった文化人の邸宅も残っています。樋口一葉が通った『旧伊勢屋質店』は、23年築の座敷棟、明治40年上棟の見世、明治20年に足立区より移築した土蔵が一体となった建築で、国の登録有形文化財にもなっています。