根來宏典建築研究所

根來宏典建築研究所

loader
ブログ
ブログ

2009年6月11日(木)

木骨の白い家 その2 分棟型二世帯住宅


南側の外観。正面の2階建ての方が子世帯、左の平屋の方が親世帯です。

二世帯住宅の計画では、何を共有するかがテーマになるかと思います。
玄関を共有するか。浴室などの水周りを共有するか。
キッチンを共有するか。リビングを共有するか。
などなど、色々な考え方があります。
また、これら空間単位の相互の連続性をどのように関係させるかが、
より魅力的な空間を引き出すことになります。

今回の設計では、一つの土地に2棟を別々に建てるという計画となっており、
建物自身が完全に分離されています。
コンセプトは「つかず離れずの二世帯住宅」です。

そこで、建物を北西に配置し、南東に広い庭・駐車スペースを共有し、それをさらに顕在化させるため、オリジナル構法の木骨フレームを広い庭に向かって開くことにより、
別々に暮らしながらも、同じ空間を共有している感覚を創出しました。

ちなみに、確認申請は2棟別々に申請しております。

根來宏典建築研究所