根來宏典建築研究所

根來宏典建築研究所

loader
ブログ
ブログ

2009年6月12日(金)

木骨の白い家 その3 街並み・景観への配慮


計画地である敷地の西側は、遊歩道に面しております。

市民の散歩道、通勤路、通学路として活用されております。
本計画では街並み・景観に配慮し、平屋で計画した親世帯棟を遊歩道に面して配置し、
高さを抑えております。

また既成フェンスやブロック塀を設けるのではなく、木製ルーバーとしました。
このことは通行人からの視線を遮るとともに、西日を遮ることにもなり、
室内の熱環境に対しても有利に働いております。

近隣住民からは、住宅に見えない、料亭ですか?などと言われますが、大変好評です。

根來宏典建築研究所