根來宏典建築研究所

根來宏典建築研究所

loader
ブログ
ブログ

2009年5月1日(金)

深岩石

栃木で採掘される石といえば、大谷石と芦野石がメジャーですが、
深岩石(別名:鹿沼石)という石もあります。

 

大谷石のお話は、コチラ≫

芦野石のお話は、コチラ≫

 

見た目は大谷石に似ていますが、大谷石の地下掘りに対し、露天掘り。
大谷石に比べ、硬く、吸水率が低い、味噌や穴が少ないといった特徴があります。

 

その採掘場の風景は、天空の城。
その城に足を踏み入れるのは、簡単なことではありません。
危険なところ、かつ仕事の邪魔をしに行くわけですから、

現地の方々のご理解が必要。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこに到達するのも一苦労。

ロープを伝って、崖地を登ります。
登りはまだしも、降りるのは、さらに危険度を増します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

振り返ってみると、、、

この崖地を登ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、いよいよ切り出し風景。
チェーンソーで切り目をつけます。
一回だと石が割れてしまうので、大小の刃を使って、二回切り。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、矢じめを打ち込み、それを二人が息を合わせて金槌で叩きます。
音が変る瞬間が、矢じめ打ち込み終了の合図。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

石を起こすと、美しい青みが露わに。切り出された石の息吹を感じ取る瞬間。
しっとりと水分を含んでおります。

 

深岩石には、白身と青身があり、こちらは見ての通り青身。

水分が抜けると、だんだん白っぽくなってきます。

乾いた後も、水に濡れると青さが浮かび上がるのも、この石の魅力です。

 

 

 

 

 

 

 

切り出される石の大きさは、1尺角×3尺。これが基本のサイズ。
それを3本まとめてロープで縛り、ワイヤーロープを使って、地上に降ろします。
3本まとめた石の重さは700kgだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原石から裁断された深岩石。壁貼り用で、乱張りされるそうです。
厚みも1cmずつ異なり、壁面に凹凸を付けた表情に匠に技を感じます。

 

深岩石という石は、ほとんど知られておりません。プロの人でも。
そもそも、この山(一社)しか存在しない貴重な採掘場。
深岩石に魅了され、こちらの採掘場には何度か足を運ばせていただいております。

産地の方と顔の見える関係を持つことは、その素材に対する理解度はもちろんのこと、愛着度が増し、仕事が益々楽しくなります。

 

今後、益々大切にお付き合いしていきたいと思っております。

 

 

 

深岩石を使った住宅『土間の広がる家』の事例は、コチラ≫