根來宏典建築研究所

根來宏典建築研究所

loader
ブログ
ブログ

2019年11月13日(水)

鰹節

大正15年創業、築地場外市場に店を構える老舗鰹節店「松村」。お店の前を通ると、鰹節のいい香りが漂い、ついつい引き寄せられてしまいます。よく買って帰るのが枯荒本節を削った真空パック。お店の方によると、香り良いのが荒節、旨味をより感じれるのは枯節なのだそうです。枯節は、荒節にカビを付けて天日干し、それを何度も繰り返し、3か月~半年かけて拵えるそうです。

 

ここの鰹節を口にして、他の鰹節は食べれなくなりました。冷奴の薬味といえば、何でしょう。。。私の中では、これまでは絹ごし豆腐に生姜だったのですが、鰹節に変わりました。たた絹ごしだと、ここの鰹節に負けてしまいます。なので木綿豆腐。木綿のしっかりとした噛み応えと甘みが、鰹節との相性が良い。組み合わせが食の幅を広げると言いますか、世界観が変わるのですね。