根來宏典建築研究所

根來宏典建築研究所

loader
ブログ
ブログ

2009年6月18日(木)

木骨の白い家 その5 親世帯棟のLDK


親世帯棟には、LDKと一体となった和室が付いております。

和室にある収納(濃茶部)は、足元を浮かせ、地窓を設けております。
光や風を取り込むとともに、外部との連続性を持たせた奥行きある空間を演出。

右側窓の外が、遊歩道に面しており、木製ルーバーが見えております。
中から見ると、こんな感じです。
昼間は外の方が明るいので、中から外は見えますが、外から中は見えません。
なので、人通りもほとんど気になりません。

真ん中にあるのは、蓄熱暖房器です。これ一台で家全体を暖めております。
中にレンガが入っており、深夜電力を利用して蓄熱した輻射熱を徐々に放熱します。
冬場24時間ずっと付けっぱなしなので、夜トイレに行くときも暖かく、
朝起きても暖かく、買い物に行って帰ってきても暖かく、快適です。
にもかかわらず、経済的な優れものです。
火やガスを使わないので、クリーンで健康的、子供や高齢者のいる家庭でも安心です。

根來宏典建築研究所