根來宏典建築研究所

根來宏典建築研究所

loader
ブログ
ブログ

2009年6月17日(水)

木骨の白い家 その4 子世帯棟のLDK


構造体である集成材フレームは、80×120の柱、
60×270(2階屋根:240、親世帯棟屋根:210)の合わせ梁によって構成されております。

この単純な構造システムにより、子世帯棟のLDKである25畳(スパン4550mm)の
大きなワンルームを形成しております。

床仕上げは、杉の無垢材に着色保護塗料としております。
無垢材は暖かく、べたつかないので、裸足の方が気持ち良いです。

ただ、季節によって伸縮があります。
乾燥して継目が開いたら、隙間を建主さんにハケで塗ってもらっています。
着色の場合は隙が気になりますが、クリアの場合は気になりません。

ダイニングテーブルのセットは、ACTUS・アクタスで買った物で、空間にマッチ。
ワイド1.8mあるので、ゆったり6人が座れ、食事もお酒も美味しく頂けます。

根來宏典建築研究所