根來宏典建築研究所

根來宏典建築研究所

loader
事例
事例

旗竿地の白い家

旗竿地の白い家
旗竿地の白い家
旗竿地の白い家
旗竿地の白い家
旗竿地の白い家
旗竿地の白い家
旗竿地の白い家
旗竿地の白い家
旗竿地の白い家
旗竿地の白い家
旗竿地の白い家
旗竿地の白い家
旗竿地の白い家
旗竿地の白い家

旗竿地に建てられた木造3階建ての2世帯住宅です。
計画地である風致地区においては、敷地面積の20%を緑化するという基準があります。
緑化面積を増やすため、建物の南面を斜めにカットし、
そのことによって生じる三角形の庭に植木を施し、そこ向かって生活が展開される構成となっております。
旗部分も狭い土地であるうえに、様々な要望を詰め込んでいるので、当然、プランニングは難しくなります。
ただ狭いということが、コンパクトにまとまり、 逆に暮らしやすいという結果に結びついているとも思います。

場所 東京都葛飾区
用途 二世帯住宅
延床面積 123.19㎡(37.2坪)
構造・規模 木造・3階建て
写真 上田宏