根來宏典建築研究所

根來宏典建築研究所

loader
ブログ
ブログ

2019年9月17日(火)

老舗茶屋のラーメン@ソウルフード

和歌山というと、まず初めに出る言葉が「和歌山ラーメン!」って感じですね、、、他にもたくさんあるんですけどね。。。みかん、梅、備長炭、醤油、漆、高野山、熊野古道、白浜、パンダ、クジラ、たま駅長、、、でも、これらよりも先に出るのが和歌山ラーメン。

 

和歌山ラーメンというと、井出系や車庫前系の醤油トンコツですが、県民のソウルフードというと、実は「天かけラーメン」なんですけどね。。。和歌山ラーメンの名を全国区に押し上げたのは井出商店なのですが、それは1998年以降のこと。もちろんそれ以前から有名店でしたし、私自身の幼少期には大将に可愛がってもらったこともあり、好きなお店なのですが、それ以前を知る世代から見ると、やはり「天かけラーメン」なのです。

 

 

王林園という1854年創業の老舗茶屋が1967年から提供を始めたもの。大型スーパーに入っているグリーンコーナーというお店なのですが「当時はまだ女性が一人でラーメン屋に入ると、後ろ指をさされてしまうような時代。ラーメンを食べたくても食べられない女性のために、5代目は店舗の奥にスペースを設け、そこでラーメンを提供したんです。お茶屋さんなら、女性が一人で入ってもおかしくないですからね」とのこと。そんな秘話があるとは露知らず、私も幼少期には母に手を引かれ、中高生期には友達と一緒に食べたもの。なんたってロープライス!あっさりとした醤油ベースの和風。食後のグリーンソフトが、これまた美味しんですよ!1958年発売で、世界初の抹茶入りソフトクリームなんだそうですよ。

 

胃にも、お財布にも、心にも優しいお味なのです。