根來宏典建築研究所

根來宏典建築研究所

loader
ブログ
ブログ

2019年1月23日(水)

手間を惜しまず

『紀州の家』屋根板金のモックアップ(原寸サンプル)です。あっ、、、通常このようなモックアップは作ってもらえませんよ!熱心な現場(自主的)でして、木下地を大工さんが作り、板金屋さんが鋼板を葺いてくれました。

 

なぜ作ってくれたかと言いますと、私の拘りから。今回はガルバリウム鋼板「一文字葺き」。通常(既製品)、棟には「棟包み」というカバーが付きます。このカバーを付けず、職人さんに折って欲しいというのが私の拘り。それに応えてくれたもの。

 

折り方は他にも方法があると思うのですが、これも一つの回答。というか普通に考えると、このような納めになるかと思います。そこでもう一歩、このモックアップに対し、私の方からさらなる拘りをお願いしました。よりエッジが惹き立つように。

 

手間を惜しまず、より良いものを作ろうとするステップが楽しい現場なのです。