根來宏典建築研究所

根來宏典建築研究所

loader
ブログ
ブログ

2018年11月14日(水)

行き止まりのない間取り

『つくばの曲り家』オープンハウスで好評だったウォークスルークローゼット。

 

こちらは、子供室2(手前)と子供室1(奥)を繋ぐウォークスルークローゼット。

子供室2と子供室3(右手)との間にもウォークスルークローゼットを設けています。

子供達がクローゼットを介して空間を共有する教育効果を狙ったもの。

子供達が追いかけっこするという意味では、成功だったかどうかは、、、

 

姉妹で服の貸し借りも出来ますしね。洗濯物も一筆書きの動線上で仕舞えます。行き止まりがないということは、風通し良く、湿気も籠らないということでもあります。

 

子供室は3.7畳。天井が高いので広く感じると、皆さん口を揃えて言われます。外部開口は、部屋の端から端まで繋がるスリット窓。その外部には、防犯とプライバシーを守る連子格子。その木格子を通して、リズムよく光が差し込みます。

 

こちらは、キッチン脇と寝室とを繋ぐウォークスルークローゼット。

キッチンの背面は水廻り(洗濯機置場)になっており、

洗濯、縁側への物干し、寝室に取り込んで、ベットの上でたたんで、

クローゼットに仕舞い、キッチンに戻るという一連の流れに沿った家事動線。

 

またご主人が遅い時間に帰宅した際、先に休んでいる奥さまを起こすことなく、

着替えを取れるという意味でも機能的かと思います。

 

扉は引込戸になっているので、開けっ放しにしても邪魔になりません。

クローゼットの扉の色は秘色に。秘色については、コチラ≫