根來宏典建築研究所

根來宏典建築研究所

loader
ブログ
ブログ

2018年6月20日(水)

初夏の甘露庭

この時期、もうひとつ行ってみたかったところ、東山にある『霊源院』。

 

京都で最古の禅寺・建仁寺の塔頭寺院。

霊源院は、五山文学の最高峰寺院として位置づけられ、

鎌倉末期から室町時代に栄えたそうです。

 

しかし近年は荒廃。

それを新しい住職が伽藍や境内を再整備し、復興を遂げたのだそうです。

 

 

 

 

本堂より眺めることができる枯山水『甘露庭』。

400株もの甘茶の木が植わり、その青々とした花が咲き誇る季節。

甘茶は、ユキノシタ科に属するガクアジサイの変種。

お釈迦様の誕生を祝う行事に欠かせないのが、甘茶なのだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

甘茶の葉っぱを摘み取り、蒸して、揉んで、乾燥させたもの。

これを煎じると、甘いお茶になるのだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

霊源院には、二つの茶室があります。

こちらは、一畳台目の茶室『妙喜庵』。

点前に必要な道具畳、客が座る畳一枚で構成される極小の茶室。

 

京都府大山崎には同じ名前で妙喜庵という寺院がありますね。

そこには千利休作の国宝茶室『待庵』があり、

広さは同じですが、そちらは二畳隅炉。

 

一畳台目といえば、利休の孫・宗旦作の『今日庵』がありますね。

炉の位置、向板や風炉先窓があるという点では同じですが、

床の間があったり(今日庵は壁床)、躙口や茶道口の位置は異ります。

 

もうひとつの茶室『也足軒』、こちらは4畳半。

躙り口が本堂の床脇にあるというユニークな設え。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

せっかくなので、お庭を眺めつつ、甘茶を戴いてまいりました。

紅茶のようなお味ですが、砂糖など一切入っていない自然の甘み。