根來宏典建築研究所

根來宏典建築研究所

loader
ブログ
ブログ

2018年6月14日(木)

朝早起きしたくなる隠家

築地市場、この奥って入って行っても良いのだろうか、、、

 

市場の構成は、手前に飲食店や物販店が立ち並ぶ『魚がし横丁』があり、いわゆる市場はその奥に位置します。その市場は水産部と青果部に分かれており、ともに手前が『仲卸業者売場』、その奥が『卸市場』になっています。その卸市場は、関係者以外立入禁止のエリア。

 

この写真の奥は、青果部の卸市場。つまり立入禁止エリアのはず。でも食事できる場所があるのです。入って行くの、ちょっと勇気がいりますが、、、殆どの市場見学者は水産部の仲卸業者売場に行きますので、一般の人が歩いている気配はありません。

 

 

場所は、ほんと分かりづらい、、、でもちゃんと存在するんです。

 

その食堂の入口は扉一枚で閉鎖的な様相なのですが、奥は広く、天井は高い。

黒い設えで、落ち着いた空間が広がっています。

こんなところに、こんな素敵な食堂があるとは、初めて来た時は驚きました。

 

こちらの写真は朝6時(から営業)の様子。周りは市場で働いている方ばかり。

でも一般の人も入って、食事ができるのです。

 

 

 

 

この日の朝定食は「豚の柳川+ハンペンチーズ」。メニューは毎日変わります。

実家の方ではハンペンを食べる習慣がありません。関東に出てきて、初めて知った食べ物。おでんに入っているのは知ってますが、好んで食べることはありません。

 

良心的なお値段なので、食材もそれ相応なのかな?と思いきや、このハンペンがメチャクチャ美味い!ハンペンに興味を持って調べてみると、スケトウダラのすり身、ヤマイモ、昆布だしを擦り混ぜて、茹でたものなのですね。ここのハンペンは、きっと良いものを使っているのだろうと思う。

 

豚の柳川も美味い!小鉢も美味い!味噌汁も美味い!

朝早起きし、何度も足を運びたくなる隠家なのです。

 

早朝しか行ったことないのですが、ランチもやってますし、夜は居酒屋になるそう。

築地市場は今秋に移転しますが、この食堂は移転せず、店を閉めるそう、、、とっても残念なのです。