根來宏典建築研究所

根來宏典建築研究所

loader
ブログ
ブログ

2018年2月5日(月)

ホテルライクなバスルーム @焼杉に包まれた優しい木の家 その12

坪庭から浴室を見た様子。ユニットバスではなく在来工法。

坪庭を眺めながら寛ぐことができる空間。

清潔感と上質感を醸し出し、ホテルライクな空間を演出しています。

 

浴槽の長さは1700mm、深さは460mmあるので、ゆったりとお湯に浸かれます。

前後ともオーバルタイプ(卵型)で、どちら向きに座っても身体にフィット。給湯や排水は、どちら向きに座っても邪魔(背もたれ側)にならないよう中央に位置。

デザインは、ソットサスによるもの。素材は、ガラスを焼き付けたホーロー。

 

出入口は、水に強い青森ヒバで框を作ったガラス引戸。

引戸なので、開け放しておいても邪魔にならず、洗面室と一体感があります。

 

 

天井も出入り口と同じく青森ヒバ。

青森ヒバは香りが良く、精神安定、抗菌、防虫、消臭、脱臭効果があるのが特徴です。

 

タイルの割付を整え、水栓、ニップル、スライドバー、レインシャワー、フック、

タオル掛け、鏡、ニッチといったアイテムを丁寧に設えています。