根來宏典建築研究所

根來宏典建築研究所

loader
ブログ
ブログ

2016年6月14日(火)

諦めずに @土間の広がる家 その14

こちらのプロジェクトは、出会いから完成までに2年半を要しました。

 

初めて電話があった時の奥さまの緊張気味の声。
ドキドキしながらお会いした初めての日。その日は、クリスマスイブでした。
今でも、はっきりと覚えています。

 

色々な思い出が走馬灯のように蘇ってきますが、
これにて『土間の広がる家』の紹介は、終わりにしたいと思います。

 

 

 

 

 

アプローチや外灯に配置された庭園灯。
足元を照らすだけでなく、白壁を照らし、陰影、透明感をつくります。
手前に、奥に、回り込んだところに配置された灯りは、
奥へ、奥へと向かう期待感を高め、空間に広がりをもたらします。

 

予算調整が厳しく、一時は諦めた照明器具たち。
私が提案したものですが、最後は建主さんが拘りを持って復活させてくれました。

 

今回の住宅の象徴である『土間』。
そこには深岩石という石を貼っているのですが、予算調整時には諦めかけたことも。
でも「この石を貼らなければ、この計画の意味はなくなる」と仰ったご主人。
私が大好きな石。そのお言葉を頂けた時は、本当に嬉しかった。
そんな土間の広がる家を完成することができました。

 

忍耐強くお付き合いいただいたご家族、
工事関係の皆さまには、本当に、本当に感謝です。