根來宏典建築研究所

根來宏典建築研究所

loader
ブログ
ブログ

2009年5月1日(金)

芦野石

「芦野石」の採掘場は、露天掘りです。芦野石の採掘場は、最盛期には30社程あったのですが、現在は7社だそうです。国産石材の需要が減っているので、仕方ありませんね(涙)

 

現地の方に石の採掘の仕方を教えてもらいます。原石の切り出しサイズは、300×300×900mm。大谷石や深岩石と同じサイズ。違いは、石の比重。つまり硬さと重さに関係。石が硬い分、時間も掛かるし、ノコの減りも早く、運搬も一苦労。それに乗じて値段も高くなります。

 

採掘岩盤の断面を見てみると、斜めにクラックが入っているのが分かります、このクラックが入っていると商品になりません。付近には商品にならない石も転がっています。勿体ないのですが、、、これを利用するより、新しく切り出した方が安く付くそうです。『芦野石』の切り出しは、無駄が多い分、値段が高いのだとか。苦労して切り出した石。そして大地の恵。何とか上手く利用出来ないものか、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

切り出された原石を裁断し、加工している様子。芦野石は、いい意味で少し吸水率が高い。大理石や御影石などは、湿気の多い所では表面に汗をかくのですが、芦野石なら湿気を吸ってくれたりもするので、水廻りにも適しています。

 

現場には、色々な表情を持つ石が転がっています。表面研磨された芦野石。硬い石でありながら、軟らかな風合いを感じます。

 

石をスライスする際、通常は丸鋸を使うのですが、チェーンで挽く場合もあります。そのチェーンの挽き目をそのまま仕上げとして活かすのも面白い。石の自然な風合いを感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

真ん中の少し黒っぽい石は、白河石の黒目。超高級品です。

 

芦野石と白河石は、福島県天栄村のある羽鳥湖近くで起こった噴火により生成された凝灰岩質安山岩。栃木県那須で採れると芦野石、福島県白河で採れると白河石。基本的には同じです。準硬質なので加工性に優れ、石塔や石垣、門柱など様々な用途に使われてきました。

 

同じ芦野石でも、色が違ったり、産地の違いで名前が変わったり、価値が変わったり、仕上げによって表情が変わったり、、、自然素材ならではの、奥深さと楽しみ方があると思います。

 

 

芦野石の中でも珍しい「寅目」を紹介。
芦野石といえばグレー色で、下手に使えばコンクリート平板に見えてしまいます。
この寅目は、黄色い寅の模様を帯びており、めったに産出されない貴重品。

 

貴重品といいながらも、一般的な芦野石と表情が違うので市場には出回りません。

マグロと同じでしょうか、、、

貴重な部位だと分かる人が使えば良いのです。

切り出された石のままだと、イメージは難しいと思いますが、、、

スライスされた平板は何とも言えない、美しい表情になるのです!

 

 

好意にしている石屋さんから「芦野石の寅目が出た」との情報が入りました。

こちらの山で採れた芦野石(寅目)チェーンの挽きの設計事例。
大阪府箕面市で手掛けた『A.GRANDE』です。詳しくは、コチラ≫

 

芦野石を使った名建築「二期倶楽部」のお話は、コチラ≫